• 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • »03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一客一亭、茶会もひとつの“贈り物” 

先日、いつも素敵な “贈りもの” を紹介、提案してくださる
piyodivo様のブログに寄せていただいた折

共に過ごした時間、交わした会話…
相手のことを想い、考えに考えて選ぶ “贈りもの” の数々に
お客様へ思い巡らせながら催す
茶会と、相通じるものがあるかもしれない と (^ ^*


不特定多数が相席する
大寄せの茶会では難しい事だけれど

亭主の親しい友人や
お世話になった方などを招いて催す茶会はとくに
取り合わせなど思い入れもひとしお。

ただ単に季節感やストーリーがあるのではなく
全てはそのお客様の為に…



例えば

もしも、薄雪草様をお招きするとしたら。


待合には山登りのお軸を。

茶席のお床には
ある歌人が地元霊山を訪れたときに詠んだ、和歌の懐紙
花入には染付? それとも備前がいいかしら。

水指は釉薬の景色が面白い朝鮮唐津
なだれる藁灰釉に、山頂の雪を思わせて…

懐石の折には、共通の行き付けのブログ(笑)
comichiko様のレシピから
しんじょうの椀物や、和え物などを取り入れて。

そして ちょっぴり遊び心
猫と蝶々が画かれた、洒落た絵付けの伊万里の鉢
焼物(お魚)に…なんてどうかしら。

この日、使うお水はもちろん
先の和歌に詠まれた霊山に噴出する湧水を汲んで。


っと ↑この取り合わせは力量を越えて
+αな部分が大きく、妄想に近いのですが (;^_^A


お若い頃から登山がご趣味で
焼物、とくに鍋島や伊万里など磁器がお好き。
最近は、備前など陶器にも興味をお持ちだそう。
そして大の付く?愛猫家の薄雪草様に

楽しいひとときを過ごしていただけるよう
少しでも喜んでいただけるようにと、あれこれ思案
お席での会話も広がるように工夫して。

よく久留米絣をお召しになっていることから
薄茶のお座布団を久留米絣で作ってもいいかもしれない☆



お茶を知る方からは 「それはちょっとι」
と思われるところもあるかもしれない。

けれど催す茶会が、必ずしも流儀に添ったもの
型にはまったものじゃなくってもいいと
お客様に合わせていろんな形があっていいと思う (^-^)

お招きする方にさえ喜んでいただければ…
堅苦しくなく、気軽に愉しんでいただくことも大切♪


そして忘れてはいけないのが

自分の好きなものが、相手も好きとは限らないι
また 「見て!見て!」 と言わんばかりに
亭主の主張が強くては
せっかく招かれても、お客様は全然楽しくないはず (u_u;

お茶席では
亭主の心が秘められているくらいがちょうど良い。


一客一亭』 その言葉のとおり
まずお客様があって、自分がある。

自分は二の次、三の次。

ということを確と肝に銘じておくこと。



茶会もひとつの “贈りもの”
と考えれば、様々なことが見えてくる…

ブログを通して茶会を催すということ、その心を
あらためて考える機会をくださった
piyodivo様に、心より御礼申し上げます m(_*_)m ペコっ



ありがとうございます(*^-^*)← ポチッと宜しくお願いします♪

スポンサーサイト

消しゴムはんこで季節のお便り(梅) 

8年前から、PCプリントをやめて
年賀状を一枚、一枚 手作業で作るように。


ちりめん古布の色柄を取り合わせて切り貼り、描いてみたり
和紙や千代紙で ちぎり絵を。

そしてふと幼稚園の頃を思い出し、芋版を試みたところ
大好きだった版画の楽しさがよみがえってきて (^ ^ゞ

楽天あしや堀萬昭堂/アート・趣味・塗り絵・絵手紙/篆刻セット・雅号印  ゴム版、木版で多色刷り…

  以来すっかりはまって、ここ3年は
  扱いやすい
  『消しゴムはんこ』 で製作しています。


はがきサイズの大きな消しゴムを
作りたい絵柄のサイズに合わせてカット。

そして彫刻刀で彫ったあと
仕上げに、余分なところを削ぎ落とすため
中途半端な切りクズがごろごろ…

これがまた勿体無くって ι


「いつか小紋柄に使えるかも?」 と溜めておいた物に
ようやく出番がまわって来ました♪




お気に入りの 『あしや堀萬昭堂謹製 葉書』 を利用して
ちょこっと季節のお便りを。

       ※ハガキの詳細については→こちら(ブログ記事)


季節の便り(梅)  4色ある罫線のうち 『若草色』 を
  梅の若枝に見立てて
  開花した花と、大小の蕾を配して…

  文面の邪魔にならないよう、ちょっと控えめ。


便りを送る時期に合わせて
花と蕾の割合を変えてみるのもいいかなぁと思います (^-^)



季節の便り(梅)  『茶色』 の罫線には、こぼれ梅を。

  上の花と蕾だけではちょっと寂しく
  アクセントに萼と蕊を加えて。
  萼はモスグリーン、蕊は金色のインクを使用。

こちらは鶯が、枝を跳び渡る頃におすすめ☆



梅はんこ一式  どれも数ミリから 大きい花で1cm幅。

  仕舞い忘れたら、ゴミか?と
  家族に捨てられちゃいそう (^_^;



これまでは、とても書き心地良いとは言え
ごく稀にお便りする方に宛てて
罫線のみのハガキは、なんだか素っ気無く思えて…

つい、時節の絵柄の添えてある
絵葉書の方を手に取っていたのだけれど

ポポンとハンコを押すだけで、季節感と温もりが。


まだまだ切りクズはたくさん!
次は、どんなハンコを作ろう? どなたに宛ててお便りしよう?
とワクワクしてます (^-^*)



ありがとうございます(*^-^*)← ポチッと宜しくお願いします♪



◆ブログ内関連
 ・恥を忍んで…初めての毛筆手紙



楽天あしや堀萬昭堂/アート・趣味・塗り絵・絵手紙/篆刻セット・雅号印  昔ながらのゴム版よりも やわらかく
  ふつうの消しゴムより硬いので削り易い!

  葉書サイズの絵柄も細密に、最後まで
  キレイに彫れてホントに扱い易いです☆

また昔々、小中学生のころは
大き目のMONOで作るのが流行っていたのですが
MONOだと細かい部分がポロッとちぎれてしまい易く
さらに月日が経つと、何故だか
ペチョっと溶けてしまうことがあったのですが (^_^;

この製品はそんな点も改良されていて、オススメです♪

  • 01«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • »03
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。