FC2ブログ
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単?自己流 漢詩勉強法 2 

漢詩ノート
  2005年12月に始めたこの方法
  (簡単?自己流 漢詩勉強法 参照) も
  はやノート6冊目に入り


放送も112回、主に1回につき1首なのですが
ときおり2~3首放送されるので
全部で160首くらいになるでしょうか。

学生時代、嫌で嫌で仕方のなかったものが
本当に不思議なくらい楽しくて (^-^*)


しかしながら…

私のポンコツ赤点頭、1回の放送・書き取りでは
なかなか全ては残ってくれない (^_^;

(映像や印象は残ってるのですが
 詩や作者が出てこないのです 泣)

さて、どうしたものか…1冊、2冊と進むうちに発見!
リンク”を張ることにしました。



作者のリンク  まずは “作者”

  李白(左の写真 参照)、杜甫、蘇東坡など
  作者の作品一覧をページの余白に


■ 放送番号 (〇囲み数字)
■ ノートの巻数 (漢数字)
■ 掲載ページ
■ 放送タイトル(複数首 放送の場合は詩題)

青色のボールペンで。


ノートの目次  ▲これには
  ノートの表紙裏に記しておいた
  目次が大活躍★


とくに1回の番組内で複数首、放送されたもの
中でも異なる作者だった場合は
どこにどの詩があるのか判らなくなるのでは…と

放送タイトルに並べて
詩題と作者を記しておいたので(写真で解かるでしょうか?)
我ながらw 本当に助かりました(^-^)



次ぎに “関連する詩”のリンク

辺塞詩のリンク
  ■ 涼州詩辺塞詩(左写真)など
   詩の種類・分類で繋がりのあるもの

  ■ 黄鶴楼白帝城など
   同じ地、場所で詠まれたもの



折楊柳のリンク
  ■折楊柳諸葛亮など
   作者以外の人物名

  ■ 封禅の儀赤壁の戦いなど
   同じ状況下を詠んだもの


など…微かな記憶の中
「あぁ~〇〇〇、前にも出てきた!かも?」

とにかく
少しでも繋がりのある可能性を見つけたら
その糸を辿って
その詩がどこに載っているかを調べ

先の作者 作品一覧とは別にで記しておきます。



このリンクの利点は

「のちの調べものの折に、素早く見つけられる」他に

作成の折
「えっと…どこにあったかな?」 と
ノートのあちこちを“読み直し”

また“書く”ことで拙い記憶の糸が
少しずつ太く
しっかりとした物になっていくように思います。


ありがとうございます(*^-^*)← ポチッと宜しくお願いします♪




◆ブログ内 関連
 ・簡単?自己流 漢詩勉強法
 ・緑陰幽草 花時に勝れり(水色蛍光ペンで色付けする)
 ・簡単?自己流 漢詩勉強法 3
 ・簡単?自己流 漢詩勉強法 4


◆愛用字典
角川 新字源 角川 新字源
小川 環樹、 他 (1994/11)
角川書店
この商品の詳細を見る



毎日の放送を待ち切れない方には ▼こちら がおすすめ★
漢詩紀行100選 DVD BOX / 石川忠久
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokorouruoi.blog105.fc2.com/tb.php/12-d4286cf6

  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。