• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハラワタ美味しい “のぼり鮎” 

この時期、全国の和菓子屋には
“若鮎”  “飛び鮎”  “(地名)鮎”  など
さまざまな銘のついた鮎菓子が並ぶ。

つぶ餡、こし餡、もちもちの求肥
またその両方とも入ったもの…

“ハラワタ”の作りもお店それぞれ。


のぼり鮎  私のお気に入りの御菓子司にも
  “のぼり鮎”が並び、はや何度食べた事か (^ ^ゞ

  そこはまた一味違った“ハラワタ”で
  求肥の中に黒いすり胡麻がw


いつも頭からかぶり付くのだけれど

口へ近づけると
まずは、焦げた焼印の香ばしいかおりが漂い
しっとりと弾力のあるカステラを頬張ると
黒胡麻のまた何とも言えない香りが広がり…


もぅ絶品なのです (*^¬^*)


カステラのしっとり具合、甘さ、厚さ。
求肥の硬さ、量、カステラとのバランス。
物足りないことも無く、食べ飽きない大きさ。

どこを取っても
ココより美味しいところは無いかもしれないw


あるお店はカステラが厚くボソボソ…
求肥も多過ぎて半分で嫌になってしまう。

またあるお店はカステラはベタベタし
餡が柔らか過ぎて、横からはみ出てしまうι

旅先でも度々購入してみるけれど
やっぱりココより美味しいお店に出会う事はなく
今では、他のお店で手を伸ばすことに
躊躇いを感じてしまうように (^_^;


鮎はやっぱり
“ハラワタ”が美味しくなくっちゃ♪


この“ハラワタ” 店主に訊ねてみると
修行したお店がそうだったのだとか…

ぜひ一度、師匠の鮎を食べてみたいものですw


ありがとうございます(*^-^*)← ポチッと宜しくお願いします♪

関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokorouruoi.blog105.fc2.com/tb.php/18-8e66f353

  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。