FC2ブログ
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡単?自己流 漢詩勉強法 

はじめの一歩でも触れたのですが
学生時代、古文・漢文、現代文も全く ×

恥ずかしながら赤点の常連サンだったのです (x _ x;

そんな私が “ひょんなこと” から
漢詩を再び学び始める事となりました。



そうと決まれば本屋さんへ直行。
懐かしい高校生向けのガイド本、参考書に入試モノ。
いろいろと手にとって見たものの…チンプンカンプンι

〇年のブランク+基礎の基礎も解かっていない私にとっては
「三日と続かないだろうなぁ~」と思うものばかり。

学びたいのに学べない。
どう始めたらいいのか…悩んでいたある夜
お風呂上りにテレビを点けたら 放送されていたのが

NHK教育の「漢詩紀行

たった5分の短い番組なのですが
毎回美しい風景と共に
読み、訳、詠まれた場所の地図や時代背景
人物紹介など解説までついていて…

何といっても短い=赤点+ずぼらな私にピッタリ☆
これだ!とばかりに飛びつきました(笑)


  ※去年からは早朝のみになってしまったのですが
   その頃は、早朝+深夜にも1本~2本放送されていました。


早速、翌日から見たものの…
後に残るのはへ~!なるほど~!っと感動のみ。
やっぱり?頭には残らなくって (^_^;

とにかく“書いてみる”ことにしました。



まずは番組を録画して
高校時代を思い出しながら、大学ノートを縦に開いて

ノート上半分@原文、訳

  上半分には原文と訳




ノート下半分@解説と地図など


  下半分には解説や地図など




原文を黒。
その右横にはえんぴつで読みを添えて…

レ点、返り点などを青
字典で調べた言葉には原文左に緑の線を引き、訳を。
助字大事かな?っと思ったところは赤で書き込みを。

4色ボールペンをフル活用しながら
毎晩、机に向うなんて〇年ぶり?
はじめは何日続くか自分でも不安だったのに
いざやってみると もう楽しくて、楽しくて♪

深夜2時、3時になって はっ!と気付き
慌てて寝る日が続きました (^ ^ゞ


っと…あまりにハイペースで進めたため
肩こり+偏頭痛に悩まされて
途中でお休みした時期もあったのですがι

いま現在もこの方法で続けています。


ありがとうございます(*^-^*)← ポチッと宜しくお願いします♪



◆ブログ内 関連
 ・はじめの一歩
 ・簡単?自己流 漢詩勉強法 2
 ・緑陰幽草 花時に勝れり(水色蛍光ペンで色付けする)
 ・簡単?自己流 漢詩勉強法 3
 ・簡単?自己流 漢詩勉強法 4
 ・仲秋の名月に 偲ぶ思いを寄せて


◆愛用字典
角川 新字源 角川 新字源
小川 環樹、 他 (1994/11)  角川書店
この商品の詳細を見る


毎日の放送を待ち切れない方には ▼こちら がおすすめ。
漢詩紀行100選 BOX
漢詩紀行100選 BOX
石川忠久 (2004/10/22)
ビデオメーカー

この商品の詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokorouruoi.blog105.fc2.com/tb.php/2-77e5bf5b

  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。