FC2ブログ
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TB 「人生を漢字1文字で?」 

悩んだ末、いくつか候補を挙げて
漢詩の勉強で愛用している字典で調べてみました。

   TB:第297回「あなたの人生を漢字1文字で表現すると?」


そして選んだのは “


  [なりたち]
  会意形声。
  彡と、あらい清める意と音を示す攸イウ→シウとから成り
  あらい清めてかざる
  ひいて ととのいおさめる意を表わす。

  [意味]
  (1)かざる。
  (2)おさめる…ア:きよめる。
           イ:ととのえる。
           ウ:ただす。なおす。つくろう。「補修」
           エ:まなぶ。ならう。「修得」
           オ:つくる。もうける。そなえる。
           カ:書物を編む。「編修」
           キ:つつしむ。
  (3)ながい・長。=脩
  (4)たけ・丈。身のたけ。
  (5)すぐれた人。「前修」
  (6)修修→整っているさま。風の音のさま。
  


  角川 新字源 改訂版 より引用  




毎日が勉強(本や机の上だけでなく)であり
いま歩んでいる茶の道も
ある意味“修行”という事で候補に挙げたのですが

調べてみると
これまで知らなかった意もありまた1つ勉強 (^-^)


(5)すぐれた人。
など、私には相応ない意もありますがι


心掛けや行いを正し
至らないところは繕い補う努力を惜しまない。
多くを学び、人に習い自身を磨く。

何事も慎み
欲に溺れず身の丈に応じた生活を愉しむ。


「これまでの人生を表わす」というよりも

「こうありたい」 「こう生きたい」
…といった“願望”や“戒め”の方が強いのですが (^_^;

お茶に出会い、目覚めてから
常に心に留めていることでもありましたので
字典の意を見て、迷わず “” を選びました。


また流儀の心得

正直清浄 礼和質朴
  正直をもって心を守り、清浄をもって事を行い
  礼和をもって人と交わり、質朴をもって身を修む

にも通じるところがあり

これからも、しかと心に刻み
命尽きる時も 「人生を一字で表わすなら“”」 であったと
自分に言えるように生きて行きたいです (^-^)

そしてその時には何か1つでも
(5)すぐれた人。
に…今よりも少し、近づけていたらいいなぁ。


また私にとっての「カ:書物」にあたる
このブログも、末永く編み続けて行きたいですw



ありがとうございます(*^-^*)← ポチッと宜しくお願いします。



◆愛用字典
角川 新字源 角川 新字源
小川 環樹、 他 (1994/11)  角川書店
この商品の詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokorouruoi.blog105.fc2.com/tb.php/27-899addd4

  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。