FC2ブログ
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名工、匠の技に惚れ惚れ♪ 

お盆前に、知り合いの陶芸家さんと
あれこれ茶談議を肴に? 盃を交わす機会があり
そのときのお話をひとつ。


元々は 「蕎麦でも食べにおいで」 と
お誘いを受けて伺ったのですが、訪ねてみると
数々の手料理でのおもてなし。

食事が進むに連れて 「ビールでもどう?」 とすすめられるも
残念ながら、炭酸の苦手な私は飲めなくて (^_^;

それなら日本酒を…と すっと出てきた盃がまた素敵!


整った〇ではなく、ちょっと歪みのある多福形で
内側に彫三島のような白泥の紋様が。

形といい、釉の発色、掛け具合といい
本当に良かったのだけれど

広口の上部に対して きゅっと締まった
小さく、少し高めの切高台
ゆったりと 波打つように削られた高台付近が
また何とも言えず素晴らしくて (*^-^*)

その道の彼によると、その高台付近。
一周削るのに5~6秒はかけているのだとか。

この小さな盃に、時間をかけて
けれども ぶれること無く滑らかに、リズム良く波を打って
美しい景色となっている…匠の技に惚れ惚れ♪


さてこの紋様、雲のようでもあるけれど 何だろう?
と眺めていると、箱を持ってきてくださって
そこには “雲” ではなく 「唐草文御盃」 と。

箱が古い上にちょっと個性的な字で
“唐草” が読めるまでに時間がかかってしまいましたが
それだけに 読めたときは嬉しく、なるほど!と納得。
言われてみれば唐草だ (笑)

また作者は萩焼 坂高麗左衛門の五世

長年使いこんだ味も出ていて
ちょっと古い萩焼かな? とは思っていたけれど
まさか、そんなにも時代の上る名工だったとは…


いつもと同じ銘柄の日本酒も、この日はなんだか格別の味☆
愛用している盃の作者 には申し訳無いけれど (^ ^ゞ


一方の彼はこの日、手にしたばかりの九谷 庄三

外側は “よくある九谷” な印象だけれど
直径4cm弱のその内側には、髪の毛ほどのか細い線で
青海波花菱といった古典紋様と、碁を楽しむ男衆が描かれ

その 「自分には一生できない仕事」 に惹かれ
どうしても連れて帰りたくなったのだとか。


正直、その九谷でも一口飲んでみたかったのだけれど
お酒に弱く、既にくらくらι
そして気付けば日付の変わる頃となり
残念ながら またの機会におあずけとなりました。


「あぁ~袂に入れて帰りたい!」

ふと 萩の盃に駆られた衝動を、僅かに残った理性で抑え
この日、出逢えた喜びと余韻を愉しみながら家路に☆



あの萩の盃が作られた
当時の時間の感覚と、今の人の感覚。

また良い作品を作ることだけに
人生を賭けることのできた当時の陶工と
作品を作るだけでなく、作った物を売らなければならない
“生活” もかかっている今。

その差を踏まえた上で
轆轤を回し、小さな高台ひとつ削るにも
この盃の作者のように 作ることを、作る時間を
“愉しむ” ことを忘れずにいたい…

と話すの作品、これからも楽しみです (^-^)


この記事を書きはじめた当初は
肴となった “茶談議” のことを記すつもりが
前置きの盃の話が長くなってしまって…

“茶談議” は後日、また改めて


ありがとうございます(*^-^*)← ポチッと宜しくお願いしますw



◆ブログ内関連
 ・刷毛目平+水無月(京の風習 夏越の祓え)
 ・“引首印” は軸の序曲…いかに愉しむかは自分次第
関連記事
スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokorouruoi.blog105.fc2.com/tb.php/57-ead8470a

  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。