• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「頑張って」という言葉 

この言葉。

誰でも何気なく発しがちな言葉と思うけれど
受ける相手にとって
本当によい言葉・嬉しい言葉なのかどうか

発する前に一呼吸おいて考えて欲しい。


例えば “受験”  “介護”  “リハビリ


相手が前向きに、ポジティブな心で居るならば
背中を押してくれる
とても嬉しい言葉なのかもしれない。

けれど、もし
精神的に追いつめられているとしたら
心の余裕の無いときに…

「これ以上、何を頑張れというのか」

相手を更に追いつめる事になってしまう。
たとえ自身はそんなつもり、微塵も無くとも…


「頑張って」 なんて言葉よりも

相手の横に立って
そっと手を繋いであげられるような
あたたかく、優しい言葉がたくさんある。


相手をよく見て、相手の心を察して…


難しいようだけれど案外、些細な事。

必要なのは 相手を思う気持ちと
ほんの一呼吸だけなのだから。


ありがとうございます(*^-^*)← ポチッと宜しくお願いします♪

スポンサーサイト


コメント

鍵コメント 様

訪問、そしてコメントありがとうございます。

投稿時期など関係無く
自分の書いたものに反応頂けるのは
とっても嬉しく大歓迎です (^-^*)

あれこれ考えをまとめたり
言葉を選んだりしているうちに…
お返事が遅くなり申し訳ございません。


実は…鍵コメント様の仰ったように
下書きの段階では、具体的な言葉や接し方なども
詳しく記していたのです。

ですがいざ投稿するときに、もう一度考えた末
多くを削除して今の記事に至りました。


ひとつは
その人、その場、その状況で随分と変わること。

このブログ・コメント自体が、例にあげたような
介護や受験、リハビリなどテーマの元に
限られた人に向けて認めたものではなくて…


また「頑張って」と言葉を発する人と
受ける人それぞれの性格、立場や関係の深さ
信頼の度合い、環境、発するタイミングなど

様々な要因で必ずしも
(考えていた)具体例が良いとは限らず

「自分は何を言いたいのか、どうしたいのか」

を、改めて考えたときに
そういった言葉や接し方を挙げるよりも
まずは、相手のことをよく見て
相手を思うことを “考えて” みて欲しいと

記事を読んでくださる
不特定多数の方に一石を投じたくて (^ ^ゞ


その為には言葉少ない方が
(記事に対する)疑問、肯定、否定
いろんな意味で “考えて” もらえるかな?と。

     いま一度、読み返してみますと
     ちょっと少な過ぎて
     「頑張って」=よくない言葉
     みたいな…偏った考え方にも
     受け取れてしまいますね(u_u;

ですので、鍵コメント様から
このようにコメント頂けて本当に嬉しかったです。


また鍵コメント様の仰る
「頑張って」と発する人にも
その言葉のほかに “思い” がある
ことも、よくよく解かります。

ただ受ける側に、それを察する心の余裕があれば
その “思い” もちゃんと伝わると思うのですが
余裕の無い時には “思い” よりも
言葉の印象が直に届き、その受け取り方も様々で…

だとしたら、発する側が
ほんの少しでも 心を配ってあげられたら
いいのではないかな?と思いまして。

なんて偉そうに言ってる私も口下手で
発してから失敗と気付くことも多々ありι

そんな自分の心にも▲この記事を認める事で
確と刻んでおきたくて…


鍵コメント様のように
状況や相手の性格などにも配慮してくださる方が
一人でもいらっしゃると
周りの方の心も、どんなに穏やかな事でしょう (^-^)

鍵コメントに対して
こちらからも鍵コメントでお返事できたなら
(プライベートな体験談など含めて)
もっと踏みこんだお話もできたのですが

表面的なお返事ですみません (^_^;


より深く考える機会をくださった貴重なコメント、とても嬉しく
また長文最後まで読んでくださり 重ねて御礼申し上げますw

機会がありましたらぜひ、またいらしてください♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kokorouruoi.blog105.fc2.com/tb.php/6-f5c9fe42

  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。